GMF1017 MIGELINN
byきすいさん










管理人より一言
きすいさんからミゲルジンを頂きました!エンディングの雰囲気を
上手く掴んでいる作品ですね。CGなんかもう中島美嘉の歌を
口ずさんでしまいました(笑)
プラモのダメージ表現として代表的なのが、「火で溶かす」ですが、
中学のときにいざやってみたらただのプラスチックの塊になってしまい、
それ以来このやり方は封印していたのですが、きすいさん達の
ジンを見てると、”溶かし”、”削り”がちょうどバランスが取れていて、
雰囲気作りに一役買っていますね。ダメージ派のモデラーさんは
参考にどうぞ!
以下きすいさんからの製作コメントです^^

1/144コレクションのジンです。
工作は友人のトモミで、塗装を私きすいがやりました。
もちろん自立して立つことができないので、
スプレーのふたと100円ショップで買った針金で簡単な台を作りました。

工作について、友人いわく「燃やした」だそうです。
関節部はラッカーパテ(燃やすのに危ないなぁ)とパイプで作ってありました。
本当に燃やしただけだったので、
私がデザインナイフなどで切り傷を付けときました。

実は、最初にオレンジに白を足しすぎたので
濃いオレンジを縁だけ塗りました。
つまりシャドウ吹きの容量でグラデーションをかけています (^^;)ゞ
焦げの表現はエアブラシでやろうと思っていたのですが、
たいぎかった(広島弁、めんどくさいということ)のでドライブラシでしたところ、

予想以上に良い感じになりました。
あまりオレンジの鮮やかさを失わずに汚せました。


感想はGuest Bookへお願いします〜。
きすいさんのHPへGO!
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO