BUSTER's Modeling










〜頭部〜
まず定番工作として、全体のだるいエッジをシャープにし、頬のところにある4角形の
モールドは都合により削除して、頬周りもシャープに。頭部の角も鋭角に尖らせていたの
ですが、バスター特有の2段の段差をなかなか綺麗に仕上げることができず苦労しました。

〜胴体〜
最初は肩のスイング機構を考えていたのですが、クリアランスの問題から断念。そのかわり、
首パーツを別パーツとして、塗りわけを簡単にしました。あとはアーミーっぽくなるように腹部の
パーツ側面を0.5ミリほど削りこみ。あとは後ハメ工作をしたくらいです。

〜腰部〜
まず、フトモモのフロントアーマーを固定する中心のパーツを前方に1ミリ幅増し。フロント
アーマーも横に1ミリ幅増ししています。サイドアーマーですが、縁の短さをなんとかしたい
とおもったので、ここも1ミリほど延長しています。(通常は中に隠れて見えないですけど)
そのほかはアーマーの裏にパテを盛ったことぐらいですね。

〜脚部〜
基本的にはストレート組みですが、膝関節の部分(マスキングテープの部分)は塗装簡略の
ためパーツ分割しています。黒いパーツが肌色のパーツを前後ではさむ形になっています。
ただ、これをやると、ちっとも目立たないのに、シビアな面のすり合わせがあったりして
すごく(´・ω・`)です。ストレートとそんなに変わらないし・・・あとはモールドを深く掘りなおして
やるとすごく後から効果がでてきます。
あとはかかとの部分にプラ板を貼って、力強さを増しています。

〜腕部・肩部〜
肩は一番改造の手が入っています。でも目立たないです・・(涙)まず肩アーマーについている
白いぱーつが後ハメできない構造だったので、ポリパーツで脱着可能に。
あと、UCHGのリックディアスの肩関節のようにしようと肩アーマーの接続軸を新造するも
見事に大失敗。逆に可動範囲を狭める結果に・・・
ヒジ間接のパーツはモールドが入っていなかったので、0.3ミリのプラ板でモールドを入れる。
そして下腕は1.2ミリプラ板でオリジナルのディテールを入れる。こうすることで、力強い
印象に変えることができたと思います。あとは手首パーツをコトブキヤのメタルハンドに変更。
300円となかなか安いのにシャープな出来でいいですよ〜。

〜武装〜
基本的にストレート組みです。出来がいいですね〜これ。

〜塗装〜(バスター用のガンダムカラー使用)
緑:ガンダムカラーの原色の上に白を1割ほど足した色をグラデーション。
赤:ガンダムカラー+モンザレッドを加えた色です。グラデーションは上に同じ。
白:ガンダムカラー+サンディブラウンを8:2で加えたものをベタ塗りして、
  その上からガンダムカラーのみでグラデーション。
黒:ネービーブルー+白のカラーをベタ塗りしたあと、白を抵当に追加してグラデーション
  あまり白を足さないのがコツです。
出来上がったものをスミ入れしてデカールを貼ってまたつや消しクリアーをかけて完成!!

の予定だったのですが、マスキングしていたメタルハンドのパーツがマスキングしていた
テープと一緒に塗膜が剥がれるアクシデント発生・・・(T0T)パーツは念入りにヤスリかけ
ましょう・・・


Exta Photo     Modeling     Interview     Return to TOP











SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO