ストライクガンダム担当
長瀬
(G-striker管理人)
なぜ?模型を僕らは作るのか?単純な動機だが、いろんなエピソードなどもあったりする。
そんな思い出話、裏話を存分に語っていただこう。

長瀬(ながせ)
G-striker管理人。
模型初心者や出戻りモデラーのためのコンテンツを重点的に製作し、初心者講座
などは多くの初心者モデラーの支持を受けている。また、コンテストで「勝つ」ために作品を制作することから、
出来上がる作品は常にインパクトあるものとなっている。代表的なものが腰をS字に曲げる「S字立ち」などが
ある。最近では楽しく作ろうという方向性の作品も増えてきて、ますます目の離せない存在である。

長瀬さんにずばり聞いちゃいます!
■模型制作を始めたきっかけ。
物心ついた時には、おもちゃとしてガンプラで遊んでましたね。
多分最初は1/144の旧ザク。でもひょっとしたらズゴックかもしれないし、
アッガイかもしれませんね。まあ、とりあえずは旧ザクのような気がするので、
基本的にはそういうことにしてます(笑)もちろんそのプラモは父に買ってもらって、
一緒に作った……いや、ひょっとしたら全部作ってもらってたかも…曖昧な記憶で
すいません。


■思い出のキット。今までで一番好きなキットはありますか?
今まで一番好きなキットですか。「キット」として好きなキットというと、
HGUCのジムですかね。ジムとしても文句なし、いじっても素直に応えてくれる。
それでいてあのお値段!(笑)とにかく総合的に素晴らしいキットだと思います。
また作りたいな、って思わせてくれるのも好きですね。

■模型製作をする上でのポリシー、または絶対する工作はありますか?
ポリシーといえば、やっぱり立ち姿についてはこだわりがあります。
アクションポーズや変形はあまり関係なくなってしまう、という弱点はあるん
ですが、「飾る状態」を考えて、こういう感じの作りを目指しています。
そういう意味では今回は我ながら大きなチャレンジをした気がします(笑)
よくする工作としては、首の延長、肩を怒り肩に、股間軸斜め前下に移動すること
でしょうか。
簡単に軸を動かすだけでも結構印象が変わるので、僕はよくやってます。

■長瀬さんのHPといえば、Q&ABBSが大変ですね・・・
悩みというか、現代日本の教育制度や、保護者の教育の仕方に疑問を
持って管理・運営してる感じですかね(笑)実際に質問される方はお若い方が
多いので、その分だけそう思わざるを得ないようです。日本の未来が心配な
今日この頃(大笑)

■今後初心者や、ヘビーユーザー向けのコンテンツを新しく作る予定は?
初心者の方向けには、やはり改造よりも塗装を分かり易く伝えられるもの
を作りたいですね。高価なモノを買わなくてもあるものでここまで出来るよ、
という内容が作れたらな、とは考えています。
ヘビーユーザーの方向けには、より労力や時間を少なく完成、という内容
をやってみたいです。というか自分自身がそれを知りたいんですけどね(笑)



Return to TOP
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO